スピリチュアル 心理学 思考 日々の氣付き

自分がされてイヤなこと、他人にしてはいけない?

更新日:

最近、この言葉にギモンを持ちました?
はて?本当にこれで良いのでしょうか。
僕もそうやって小さい頃に教わって来た氣がします?

でも、何か大切な事が抜けてる氣がしてきました。
それは、きっと子供に「自分で考えさせる」というプロセス?

宇宙の法則で言う【ブーメランの法則】で言い聞かせるのであれば、

他人がイヤがることをしても、しなくても、どっちでも良いけれど、
自分が相手に対してしたことは、必ずブーメランのように自分に返って来ることを頭に入れておいてね。
だから、もし、自分がされてイヤな想いをしたくなかったら、他人にしない方が良いかもね。

という言い方になるかと。
僕はこっちの方がしっくり来ます

『自分がされてイヤなことを他人にしてはいけません』は、あくまで親の価値観の押し付けです。
子どもの価値観を尊重するのであれば、【ブーメランの法則】を教えた方が、自主性が育つかも知れません?

そして、きっとそれを経て『私はあなた、あなたは私』というステージにレベルアップして行くんでしょうね。

さて。最近、書店で購入したある本でこんな言葉を見かけました。

“日本では『他人に迷惑をかけてはいけません』と多くの場合に教わりますが、
 インドでは『お前は他人に迷惑かけて生きているのだから、他人のことも許してあげなさい』と教えると言います。”

これ。
『他人に迷惑をかけてはいけません』は、親の価値観の押し付けです?
『~だから、他人のことも許してあげなさい』も、親の価値観の押し付けです?
でも、何だか前者は【恐怖のモチベーション?のエネルギーを感じます。
一方、後者は【愛のモチベーション?のエネルギーを感じます。

※参考
愛と恐怖のモチベーション(? ゚д゚ ?)
https://kkoki.net/2017/04/14/post-39/

北風と太陽のモチベーション
https://kkoki.net/2018/02/20/post-521/

どちらが正しいという事はありません。
自分が見たい世界を見ているだけなので。

でも、大人になって【愛のモチベーション?で生きたいのにも関わらず、
幼少期に【恐怖のモチベーション?で育てられてしまい、
未だに抜けきれない人たちがあまりにも多いように感じます。。。
僕もその一人でした。

”自分がされてイヤなことを他人にしてはいけません”だって、
きっと【愛のモチベーション?で伝えることが出来るはず。
子育てされている方のご参考になれば幸いです。

言葉が人を育てます?

オススメ製品!この効果でこの価格はかなりお得です!

僕のオススメ製品!この効果でこの価格はかなりお得です!


僕も使ってます!肌がモチモチしてきました。


-スピリチュアル, 心理学, 思考, 日々の氣付き

Copyright© 目に見えない世界を肌で感じて氣付いて晒すブログ , 2019 All Rights Reserved .