スピリチュアル ヘミシンク 日々の氣付き

初体験をしました。リーディングをするという感覚

更新日:

初体験をしました。リーディング。

先日、初めて“リーディング”というものをしっかりと体験しました。
前々から、いつかやってやる!と思っていましたが、
実際にやってみると不思議な感覚。
自分の言葉の様な、他人の言葉の様な…

ご存じない方の為に。
リーディングとは、スピリチュアル世界で言うと、目に見えない情報を読み取ることです。

※厳密に言うと”直感”こそがリーディングだったりしますけどね

あれは、1泊2日の経営者セミナーから帰った日の夜中2時頃。
“自分が生きる目的って何なんだろう…”

そんな疑問を抱きつつ、セミナーの振り返りをしようとベッドで横になりながら、
内容をメモしたノートを見返していました。
すると、妙に目に留まる箇所が出てきました。

涅槃寂静(明鏡止水)
一切皆苦(四苦八苦)
諸行無常
諸法無我

仏教用語です。
僕はお坊さんではないので、
それぞれの意味はお手数ですがご自身でお調べください(っておいっ!^^:)

これを眺めていた時、僕の頭の中に言葉が出てきました。

リーディングして出てきた言葉

・私は、一人でも多くの人に世の中の真理という氣付きを与える存在
・真理に氣付くことで自分の人生を今より更に幸せに生きられる様になる
・それは自分自身を更に幸せにする事でもある
・私の生きる目的は、一人でも多くの人に真理を伝え、氣付いてもらい、より幸せを感じて貰うこと

すぐにスマホにメモ。
“思考”なのか、それとも“直感”なのか。
自分でも判別が難しい。
ただ、思考であれば、もっと理論立てるだろうし、
かといって、直感であれば、こんな長ったらしい言葉は出てこない。

……そして、後で分かった事。
これがまさに

リーディング

なのだそう。
ハイヤーマインドとの対話でした。

どうやらこれが”僕の生きる目的”のようです。

リーディングってどんな感覚?

何となく半分寝ていたのかも知れません。
ヘミシンクをしていた時に感じた、寝ている意識と、起きている意識のちょうど狭間に似ていました。

瞑想するときは“無”こそが良しとされていて、
“邪念”を如何に排除するかって事が重要とされてる氣がしますが、
僕の場合は、“邪念”すらもあっても良いと受け取って、認めてあげる事が大切な氣がしました。
“邪念”だと思って避けてしまうとこのハイヤーマインドの声すらも消し去ってしまうので。。。

そしてもう一つ大事なことがあるかと感じました。それは

心の底からハイヤーマインドの声を欲すること。

今回の僕は、自分の生きる目的って何だろう…?とずっと考えている状態でした。

そして真剣に悩んでいました。

そんな意識が物質をも超えて、届くのかも知れません。

※ちなみに、真の意味でリーディングするには”周波数”だったり、”身体の状態”が大切だったりしますが、また追い追い…

スマホにメモったこと(原文)

私の生きる目的は、一人でも多くの人に真理を伝え、氣付いてもらい、より幸せを感じて貰うこと。

私は、一人でも多くの人に世の中の真理という氣付きを与える存在

真理に氣付くことで自分の人生を今より更に幸せに生きられる様になる

それは自分自身を更に幸せにする事でもある

相手は自分であり、鉛筆も消しゴムも自分である
食べ物も自分である
他人を幸せにする事は自分の幸せでもある
無私の貢献ではなく、相手すらも自分
自分という肉体も尊重しつつ、相手の肉体も尊重する。
何故なら自分だから。そして、生かされてる、相手があるから自分が認識できるから。

諸法無我 ◎
私自身は相関関係として存在する。私が私であるのは他があってこそ存在、認識できる。
女がいるから、男として認識。
親が居るから子供として認識。
動物がいるから人間として認識。
‎でも陰陽ではない。
陽のまま認識、存在する。そういうイメージ。ポジティブな存在、お互いに。
感謝があるから感謝を知る。当たり前は捨てる。当たり前はネガティブ?捉え方をポジティブに。
涅槃寂静
諸行無常
四苦八苦

夜中2~4時のススメ

バシャールという宇宙存在(詳しくは本などご覧ください)は、
夜中の2~4時が一番インスピレーションが起こりやすいと言っています。

今回僕がリーディング出来たのも2時~4時。

丑三つ時なんて時間も2時~2時半頃と、何かリンクしますね!

スピリチュアルな時間なのかも知れません。
瞑想や、クリエイティブなお仕事をされている方。
この時間に一度お試しあれ^^

オススメ製品!この効果でこの価格はかなりお得です!

僕のオススメ製品!この効果でこの価格はかなりお得です!


僕も使ってます!肌がモチモチしてきました。


-スピリチュアル, ヘミシンク, 日々の氣付き

Copyright© 目に見えない世界を肌で感じて氣付いて晒すブログ , 2019 All Rights Reserved .