スピリチュアル 思考 日々の氣付き

陰陽説の進化版 ”陽陽説”とは

更新日:

死ぬ時を疑似体験するワークから

ワークをしました。
どこかでやる人が居るかも知れないので詳細は書きませんが、
自分が死ぬ時を疑似体験するというワーク。
目に見えるもの、見えないもの含めて、
自分が思う「大切なもの」を順番に削っていくような感じです。
僕の中で最後まで一番大切にしていたもの。それは…

思いやり

でした。今まで、自分自身で氣が付きませんでした。
それに氣付いた時、何故だか自然と涙が溢れてきました。
自己受容と感謝に溢れるイメージ。(ノ◇≦。)

陽陽説とは?

本来のワークの趣旨からは外れるかもしれませんが、そこで氣付いたことがありました。

思いやりって何処から来たんだろう…

思いやりって生まれた時から備わってきた能力なのかなぁ…

思いやりって、自分一人で勝手に出てくるものではないと思いました。

両親がいて、兄弟がいて、親戚がいて、友人がいて、先生がいて、同僚がいて、先輩がいて、彼女がいて…

その人たちが思いやりを与えてくれたから、僕自身もその価値観に氣付くことが出来ました。
こうされたら嬉しいんだ。僕もやろう。

その人たちが心無い行動をしてくれたから、僕自身もその価値観に氣付くことが出来ました。
こうされたらツラく悲しいんだ。僕はやらないようにしよう。

陽があって、陽を学ぶ。光を知って、光を知る。

陰があって、陽がある。闇を知って、光を知る。

どっちも必要なことのように感じます。
昔から陰陽説といって、宇宙のすべては陰エネルギーと、陽エネルギーで出来ていると言われて来ました。

でも、闇を知って、光を知るのは時に大きな痛みを伴います。
人間、中々痛い目に遭わないとわからない生き物だったりするんですよね。

健康を失って初めて、健康の大切さに氣付く。陰と陽。
親を失って初めて、親の有難さに氣付く。陰と陽。
仕事を失って初めて、仕事が出来る有難さに氣付く。陰と陽。
友達を失って初めて、友達の大切さに氣付く。陰と陽。

僕は…あんまり体験したくないですね。。(ノω・、)

「こうされたから嬉しいんだ。だから僕もやろう」

こんな学び方だってあって良いと思います。

だから敢えて勝手に名前を付けました。
その名も”陽陽説

健康だから、さらに健康を維持する。陽と陽。
親が居るから、親に感謝をする。陽と陽。
仕事があるから、仕事を目いっぱいこなす。陽と陽。
友達が居るから、友達を大切にする。陽と陽。

ここには痛みが伴ってません。
こんな所から学べる人に僕もなりたいです。いえ、なります。

オススメ製品!この効果でこの価格はかなりお得です!

僕のオススメ製品!この効果でこの価格はかなりお得です!


僕も使ってます!肌がモチモチしてきました。


-スピリチュアル, 思考, 日々の氣付き

Copyright© 目に見えない世界を肌で感じて氣付いて晒すブログ , 2019 All Rights Reserved .