心理学 思考

ジョハリの窓〜自分も知らない自分〜

更新日:

自分のこと、知ってますか?

果たして、どれだけ知っているでしょうか。
僕自身も、もっと自分自身はまだまだ未知の世界です。
そんな自分を知るという上で、役に立つ考え方があります。
心理学の話の中で、「ジョハリの窓」です。

下図のように、「知っている軸、知らない軸」「自分軸、他人軸」のマトリックスで、4つの窓に分類されます。

開放の窓 … 自分も他人も知っている自分
盲点の窓 … 自分は知らないが、他人は知っている自分
秘密の窓 … 自分は知っているが、他人は知らない自分
未知の窓 … 自分も他人も知らない自分(コワい!)

これ、自分のことを知っていると認識できているのは、
「開放の窓」「秘密の窓」だけなんですね。

どうやって自分を知っていくかというと、「盲点の窓」と、「未知の窓」をなくしていくことなんです。

「盲点の窓」をなくす

自分は知らなくても、他人は知っているので、
他人から教えて貰ったり、フィードバックもらえば良いのです。
例えば、自分が思ってなくても「航己くんって、目がきらきらして素敵だよね」と言われたら、「僕の目はきらきらしていて、素敵な目なんだ」と認識できます。

「未知の窓」をなくす

自分も知らない、他人も知らないところです。きっと、そこにはコワいと思って挑戦していなかったこと、思いもつかなかずやっていなかった経験を通して、自分や他人が氣付く事で未知の部分が減っていきます。
僕の場合などは、街中で女性に声をかけてナンパするという事が、コワくてどうしても出来ませんでした。
ただ、やってみると意外と出来ることに氣付き、こんな一面もあったのかと枠が広がりました。

盲点の窓、未知の窓をどんどん狭めて、自分自身の可能性を広げていってみてください♪

オススメ製品!この効果でこの価格はかなりお得です!

僕のオススメ製品!この効果でこの価格はかなりお得です!


僕も使ってます!肌がモチモチしてきました。


-心理学, 思考

Copyright© 目に見えない世界を肌で感じて氣付いて晒すブログ , 2019 All Rights Reserved .